30代前半で表面は黒髪なのに内側がすごい白髪となりました

20代の頃からヘアーカラー明るい色のおしゃれ染めをしていました。
ある日、髪の毛をとかしていると鏡に写ったなんとなく白く光る髪の毛が数本。年齡が年齡なので気のせいだと重い数本なので抜いていました。
ですがカラーの色が落ちてきたので新たに染めたのですが内側のある部分だけ染まりが悪く光るようになり「白髪」の文字が脳裏にうかびます。
ドラックストアーで購入時にヘアーカラーの注意事項に「白髪は染まりません」と記載してあり尚更のこと白髪を実感した33歳の時でした。若い気持ちでいたのですが髪の毛の老化が30代でくるなんて思いもしませんでしたが白髪染めのコーナーで見ることにしました。
白髪染めのイメージが黒のイメージしかなく長い間、明るい色しか初めてなかったので黒に染めるということに重みを感じていました。
ですが商品を見ていると明るめの色の白髪染めの商品も多彩にあります。カラーの時にクリーム状のを使用していたのですが自分で見える範囲は上手くできても後ろ側などは少々手伝ってもらわなければなりませんでしたが、数年前からブローネの泡カラーをしています。
1液に2液を混ぜ専用の鎔基なので押さえると泡状となった液が出てきてそれを髪の毛に揉み込む画期的な商品です。これなら一人でも十分できます。
泡なので垂れることも少なく待ち時間も苦痛ではありません。染まり具合も十分満足です。
只今40代となりましたが、今でも明るめの白髪染めのおせわになってます。価格も手頃なのでありがたいです。
だた、使用する時はきちんとパッチテストは受けてからにしましょう。注意書きにもきさいされてますからね