育児で忙しいママの、時短テクニックはそれぞれ工夫されてると思います。そこで、私なりの時短料理を紹介したいと思います。最近作って旦那様から好評だったごはんは、トマト煮です。

これがまた簡単なんです。トマトで煮込むだけなので。

用意するものは、
・トマト缶
・玉ねぎ
・にんじん
・ジャガイモ
・ごぼう
・しめじ
・ひよこ豆
・鳥もも肉
・ウェイパー
・塩コショウ
です。

トマトに合うものだったらなんでもOKです。私は授乳中なので、母乳にいいと言われている根菜をたくさん入れました。調理手順は、まず根菜から食べやすく、火が通りやすい大きさに切ります。それぞれアク抜きなどを行った後、根菜をまとめて電子レンジでチンします。私はルクエのようなタッパーを使ってチンしていますが、無い方は平らなお皿に野菜を並べてラップでもいいかと思います。

チンをしてから煮込むことは、ガス代の節約にもなります。チンをしている間に鳥もも肉を食べやすい大きさに切ります。切り終えた頃に根菜のチンが完成。深めの鍋で鳥もも肉を炒めます。だいたい火が通ったら、温めた根菜をお鍋に投入。少しなじませたら、しめじ、トマト缶を全て入れます。

ウェイパー、塩コショウで味を整えて、沸騰するまで待ちます。沸騰したら火を止めます。ガス代節約のため、保温調理をしていきます。お鍋を新聞でくるむと、保温効果がアップします。その間にお米を洗い、炊飯器をタイマーでセット。それができたら再びお鍋に火をかけ、味見をしながら塩などで味を整えます。

このとき、ひよこ豆を追加。沸騰したらまたまた保温調理です。その間に洗い物をしたり、もう一品作ります。あとはまた食べる前に火にかければ、いつの間にか栄養満点トマト煮が完成しています。30分もかかりません。ちなみに、しめじは予めバラしてジップロックで冷凍保存しておいたものを使用しています。キノコは冷凍すると風味が増しますし、何より使いやすいです。お味噌汁なんかにも、お手軽に入れれちゃいます。アレンジしやすいお料理かと思います。手抜きと言われてしまうかもしれませんが、一度お試しあれ。

ブログ

この暑い季節、食材の保存方法には頭を悩ませています。特に、本来は常温保存がオススメのものについては、冷蔵庫に入れてもいいのか、判断に困っています。そこで最近、いくつか仕入れた情報があります。まず、野菜。私はかぼちゃが大好きなのですが、安い時にハーフサイズを買って、つい傷ませてしまったことがあります。かぼちゃはワタから傷みやすいので、それらをきれいに取り除いてから1週間程度で使い切ればOK。本当は煮込んで冷凍、という方法が良いのですが、それができないくらいの時はこの方法が良さそうです。

次にフルーツ。主人がバナナが好きで、いつも置いておくのですが、これが夏だとすぐに黒くなってしまい、グジュグジュになります。皮をむいて冷凍しておいてもいいのですが、もっと手軽な方法がありました。バナナは房で売ってることが多いと思いますが、これを買ってきたらすぐに1本ずつ分けて常温保存するのがいいとのこと。確かに黒くなる時間が少し伸びた気がします。

それから、今年の夏に夫婦でハマったパイナップル。これは葉っぱと皮をむいて一口サイズに切ったあと、ジップロック等に詰めてそのまま冷凍。冷凍のまま食べると、シャーベット感覚でシャリシャリして美味しいですし、ヨーグルトに混ぜてもOK。まだまだ情報を探せばありそうなので、上手く生活に取り入れていきたいと思っています。

ブログ