白髪染めの応用

現在56歳の男性です。40代から白髪が見え始め、当初は子供に抜いてもらっていたのですが40代中盤から多くなってきたので市販の白髪染めをはじめまし た。そして現在も続いています。10年近く染めてわかったことがあります。長い髪は染まりやすい。短い髪は染まりにくい。染める色は黒いほうが染まりやす い。

白髪染めランキングNavi

茶色系は染まりにくい。ということです。自分なりに考えるのは髪の毛が短いと伸びた部分がすぐ見えるので数週間で再び染めないといけません。茶色系に 染める場合は一度染めて1週間後くらいに再度染めると綺麗に染まるようです。二度手間で白髪染めが多くいりそうですが、何度も使えるタイプを購入すれば1 回の購入で済みます。自分の場合はチューブ2本を混ぜるタイプを使い、1箱で3回使います。

経済的だと思います。さて、白髪染めの応用ですが、一度普通に 染めます。そして一週間後くらいに今度は白髪染めではなく、ヘアカラーで染めます。すると見事に染まります。何故ヘアカラーかというと、白髪染めには無い 色がヘアカラーには沢山あります。これは娘の茶髪用のヘアカラーを実験的に2回目の染めの時に使ってみてわかったことです。試しに一度目にヘアカラーを 使ってみましたが、白髪は全く染まりませんでした。このように男性の短い髪の毛は2回染めの応用で、自分の希望の髪色に染めることが出来るということがわ かりました。歳をとっても気持ちは若くいられます。

私の白髪対策

20代ではあまり白髪はなかったのですが、30代になってかなり白髪が増えてしまいました。自分でもまさかこんなに早く白髪が増えてしまうとは思ってもおらずショックでした。

最初は市販の白髪染めを使っていました。茶色の髪は個人的に似合わないと感じているのと仕事の都合もあり、黒く染めていました。最初は上手くいっていたと 思っていたのですが、ある時人から、光に当たると髪が赤いね、と言われてました。日光に当たると赤くなるとは知らず私はすごく恥ずかしくなりました。茶色 に染めるしかないかと諦めた時であったのが白髪染めトリートメントでした。

白髪染めトリートメントというのは、髪を洗ったらトリートメント替わりに髪につけて5分程度放置し、その後洗い流します。一度ではあまり染まらないのでそ れを何日が続けて、ある程度染まったら、1日や数日おきにトリートメントを使います。いくつか試したのですが、染まりやすいものと染まりにくいものがあっ て自分に合ったものを使い続けることにしました。ネットのレビューはあまり良く無いのですが、使ってみるとそこそこ染まりますし、私にとっては日光に当っ て赤くならないと言うのがとても助かりました。やはり人に白髪染めで染めていると知られてしまうのはあまりよい気分がしないので、バレにくいというのは結 構嬉しいです。

白髪染めトリートメントの欠点は手につけて染めてしまうと手や爪が真っ黒に染まってしまいます。しかもなかなか落ちにくいです。また一度では染まらないの で、なかなか白髪を染めたというのが目に見えてわかりづらいです。しかし止めてみるとどんどん白髪が目立つようになるので、やはり使っていると染まってい るんだなと実感できます。また手や爪が染まってしまう対策としては、白髪染め用のブラシとコームを使えば解決します。ムースタイプの白髪染めの付属品とし て付いているブラシとコームです。ブラシに白髪染めトリートメントをつけて髪を染めて、その後にコームで髪をとかすとより髪にトリートメントがつくので染 まりやすくなります。この時、耳やおでこにトリートメントが付いてしまうと肌も染まってしまうのでつかないように気をつけます。

完全には染まっていませんが、白髪がだいぶ減って見えるようになって嬉しいです。また日光に氣にしなくて良くなったので白髪をあまり気にせず生活できるよ うになりました。染めるのは面倒ですが、白髪を気にしないだけでこんなに楽になると思うと止められなくなってしまいました。

今話題のカラートリートメントを試してみました!

私は32歳女性ですが、両親ともに30歳くらいから白髪が増えていて、白髪家系だといわれるほど一族みなさん白髪でお悩み中です。
私はそんな親戚を横目に、私は若いし大丈夫!と思っていましたが、28歳ごろから白髪が増え始め、30歳ころには二か月に1回は美容室へ白髪染めに行く羽目に…。

二か月に一回のペースで白髪染めをしていると、嫌なことばっかりでした。
●まずお金がかかる。肩につくかつかないかのボブぐらいで、白髪染めは1回1万。一年6万円ぶっ飛ぶ計算ですね。
●白髪染めをすると頭皮がかゆくなる。頭皮がぼろぼろになるので、同時に皮膚科通いもしていました。
●カラーをすると生理痛がひどくなる。これは薬剤が体質に合わなかったようで、徐々にオーガニック成分が入っているものにチェンジしていました。

これがいつまでつづくんだ、とうんざりしていたところ、同じく白髪で悩んでいた従姉からおすすめされたものがあります。
それはカラートリートメントでした。
白髪染めは、薬剤がきついから頭皮や髪にダメージが残るけれど、カラートリートメントだと、シャンプーの後にちょっと置くだけで染まるからいいよとのことでした。
また財布にもやさしく、1個かえば、何回もつかえるというのも魅力。
いくつか市販品を選んでみましたが、頭皮が染まってしまう物や、色が定着しずらいものばかりで難航していました。
私がおすすめなのは、「スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント」です。
これは、シャンプーの後に軽くタオルドライをして、手袋をしてヘアパック。置き時間はだいたい10分。
そして時間がきたら洗いながすだけという超簡単なものです!

私は、お風呂を長くはいるので、まず半身浴をしてから、全身洗って、それからカラートリートメントを髪になじませてから10分置きます。
その間に湯船につかって、ぼーっとしています。時間になったら洗い流して、髪を乾かせば完了。
普通のトリートメントと同じなので、パックすると髪がつるつるになるし、わざわざ美容室にいかなくても自分のペースでケアできるのがいい!
私はこれで美容室に行くペースが激減。半年に一回くらいになりました。

これで頭皮の状態が劇的によくなり、皮膚科にいくこともなくなりました。
この商品は1個2800円くらいなので、ボブヘアの私で5回くらいの使用量になります。
一か月でこの商品を使い切るくらいなので、以前に比べたらお財布にも自分のからだにも優しい生活をしているので、
ストレスのない生活をしたためが、以前よりも白髪が気にならなくなりました。
今は旦那も白髪が出始めたたけれど、白髪染めをつかうほどではないかな、と思っているので夫婦で使っています。
白髪染めは合わないなーと思っている方へおすすめしたいです。

白髪染めとおしゃれ染めを迷ったら

長年美容院で働いてきましたが退職しました。退職する直前にカラーをしたのですが、根元が伸びて黒くなってきたので市販のカラー剤でセルフカラーをする事 にしました。購入したカラー剤はビゲンスピーディーカラー2(より明るいブラウン)乳液タイプです。ツンとした臭いが少ないと書いていましたが、実際ほと んど臭いがない事に驚きました。

更に頭皮への刺激が全くない事に、市販のカラー剤も良いものになったと感心しました。そして何と言っても値段が魅力的で す。なんとお値段410円という驚きの安さでした。美容院で働いていた時に「白髪が増えてきたけど、おしゃれ染めと白髪染め、どちらで染めればよいのです か?」という質問をするお客様が多くいました。

「白髪染めの方がおしゃれ染めよりも傷むので、白髪がさほど気にならないならおしゃれ染めが良いです。」と 説明していましたが、実際のところ薬剤が改良されていて、どちらも傷みは変わりません。あまりトーンを明るくしないお客様は、おしゃれ染めと言いながら白 髪染めで染めていたお客様もいました。

それは、白髪染めの薬剤の方がムラなく染められるからです。7レベル以上の明るいカラーを求める方はおしゃれ染めの 方がおススメですが、そんなに明るい色を希望でない方には、是非白髪染めをおススメします。セルフでカラーしてもムラが少ないので染めやすいと思います。